• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 03-5834-8988

四十肩・五十肩でお悩みの方へ

  四十肩・五十肩でよくあるお悩み

  • 肩の痛みで
    夜中に
    目が覚める

  • 腕が水平より
    上にあがらない

  • 服の着脱が
    つらい

  • 肩こりとの
    区別ができない

四十肩・五十肩の痛みに悩まされていませんか?

四十肩・五十肩は、中高年の方に発症しやすく、肩の強い痛みが生じます。

 

症状は1年以上かかることも多いのですが、無理をせず状態に合わせたケアが必要になります。

 

現在、四十肩・五十肩の痛みに悩まされている方はもちろん、
予防を行いたい方も、ぜひこちらのページをご参照ください。

 

四十肩・五十肩の主な原因や特徴的な症状、自分で行える対策をわかりやすくまとめてあります。

四十肩・五十肩におすすめのメニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩はどのように発症するのでしょうか?

四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれ、肩まわりの筋肉や関節包などに、炎症が起きた状態をいいます。

肩の強い痛みにより、日常動作に支障が出ることも多いです。
症状に対する適切な処置や予防ができるよう、こちらで四十肩・五十肩の原因を詳しくみていきましょう。

肩こりとの違いについても、わかりやすくご紹介しています。

 

【四十肩・五十肩の主な原因】

 

四十肩・五十肩は、医学的には「原因不明」とされています。
しかし日常生活において、次の要因から肩まわりの炎症に繋がることが考えられています。

●運動不足

運動不足になると、肩まわりの血行が悪くなってしまいます。
血流の悪化から、損傷した組織に十分な栄養や酸素が運ばれず、突然の炎症に繋がると考えられています。

肩は関節の固定を筋肉に大きく依存しているため、「腕を同じ位置で固定する」「腕の上げ下げをする」といった、些細な日常動作でも損傷が積み重なると考えられます。

●身体のゆがみ

骨格にゆがみがある場合、身体の傾きを補正しようと、首や肩の筋肉が緊張してきます。
緊張によって関節の柔軟性が低下すると、同じ腕の動きでも、筋肉や関節包などに負担がかかりやすくなってしまいます。

●不良姿勢

猫背などの不良姿勢は、腕や頭が前方に傾いています。
そのため、首や肩の筋肉が伸ばされ、損傷を起こしやすくなってしまいます。
日常では、デスクワークスマホの操作などが、猫背になる主な要因に挙げられます。

●肩の使いすぎ・ケガ

スポーツや仕事での使いすぎによって、肩のインナーマッスルを痛める場合があります。
また骨折脱臼捻挫など、ケガの影響から炎症に繋がることも考えられます。

四十肩・五十肩は、中高年の方に多いです。
しかし、使いすぎやケガによっては、若い方でも肩の強い痛みを生じる可能性があります。

 

【四十肩・五十肩の主な症状】

 

四十肩・五十肩は、急性期慢性期回復期の3つの時期に分けられます。

●急性期

炎症が強く出ている時期です。
肩を動かしたときだけではなく、安静時にも痛みがみられます。

特に夜中に痛みが強まる「夜間痛」が特徴的な症状で、痛みによって目が覚めることもあります。

●慢性期

安静時の痛みや夜間痛は徐々におさまってきます。
しかし、炎症によって組織が癒着を起こし、肩の動き(挙上・外旋)が制限されることが多くなっています。

●回復期

日常生活には支障がない程度にまで、痛みや可動域の制限が回復してきます。
しかし患者様によっては、挙上時痛がしばらく残る場合もあります。

個人差はありますが、急性期から回復期までは、約1年半かかるとされます。

 

【肩こりと四十肩・五十肩の違い】

 

肩こりは「血行不良による老廃物の蓄積」が主な原因に考えられています。
そのため、四十肩・五十肩のような炎症症状(夜間痛・日常生活に支障が出るほどの肩の強い痛み)は特にみられません。

四十肩・五十肩への対処法と予防法

夜間痛や動かせないほどの肩の強い痛みが生じた場合、どう対処すれば良いのでしょうか?

四十肩・五十肩では炎症が出ているため、無理に動かしてはいけません。

また、急性期、慢性期と時期に合わせて対処することが大切です。

処置法と合わせて、普段から行える予防法も、こちらで詳しくご紹介します。

 

【四十肩・五十肩の時期に合わせた対処法】

 

●急性期

・安静

患部を動かすと炎症を悪化させる可能性があります。
痛みが出る動作は避けて、なるべく安静にしましょう。

・アイシング

炎症を抑えるため、患部を冷却しましょう。
氷水の入った袋保冷剤など、タオル越しに患部に当てて冷やします。

・夜間痛への対処法

「痛みのある肩を上にして、横向きで寝る」「枕やクッションで肩の高さを調整する」「バスタオルを巻いて、腕の位置を固定する」といった対応で、睡眠時の痛みを軽減が期待できます。

●慢性期

・温める

炎症がおさまったら、今度は積極的に温めましょう。
温めることで血行が促進され、損傷部に栄養や酸素が運ばれやすくなります。

温めるのは「蒸しタオルやホットパックを肩まわりに当てる」「湯船に浸かる」といった方法があります。

・肩を動かしていく

慢性期では、しばらく痛みが残ることが多いです。
しかし、安静にしすぎると拘縮が進行するため、できる範囲では肩を動かすようにしましょう。
シャワー入浴後だと緊張がやわらぐため、肩を動かしやすくなります。

・整骨院に行く

四十肩・五十肩の改善には、整骨院での施術が有効です。
電気を流したり、手技によって緊張をほぐしたりすることで、可動域の早期改善が期待できます。

 

【四十肩・五十肩を起こさないための予防法】

 

●正しい姿勢をとる

猫背では、首や肩まわりの筋肉が伸ばされてしまいます。
顎を軽く引いて、背中を伸ばした姿勢を意識しましょう。

また、正しい姿勢を維持できるよう、デスクワークでは机、椅子の高さや、パソコン画面の角度なども調整してみてください。
次のようなことを意識すると良いでしょう。

・足裏全体が床につき、太ももと床が平行になる椅子の高さ
・肘の角度が90度でキーボード操作ができる、机の高さ
・目線の高さで見ることができる、画面の角度

●適度な運動

運動不足では、肩まわりの血行が悪化します。
20〜30分ほどのウォーキングを毎日の習慣にしましょう。

肘は90度に曲げ、腕を後ろに引く動作を大きくとると、肩甲骨まわりの筋肉をしっかりと動かせます。
その他、ジョギングラジオ体操水泳なども、肩を大きく動かす運動におすすめです。

●ストレッチ

ストレッチによって、首や肩甲骨まわりの筋肉を柔らかくしておきましょう。

・首のストレッチ

頭を横に倒し、首から肩にかけての筋肉をゆっくりと伸ばしてください。
頭を前や後ろに傾けると、筋肉を幅広くストレッチできます。

・肩甲骨のストレッチ

両腕を上に伸ばし、指を組みます。
肘を伸ばしたまま、両腕を左右に倒すと、脇腹から肩甲骨まわりの筋肉をストレッチできます。

GBS千駄木はりきゅう・整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

四十肩・五十肩は、使い方や癖により肩が内に入ってしまい、正常な肩関節としての機能を果たしていない状態をいいます。
間違った腕や肩の使い方、癖によって肩関節を包んでいる筋肉、靱帯、軟骨などにアンバランスが生じて痛みがでると考えております。

多くの方が痛みを我慢し、仕事や日常生活を続け、炎症期になると重篤な痛みを生じます。
そうならないためにも早期施術をおすすめします。

四十肩、五十肩は上腕骨の上部にカルシウムの沈着が起き、痛みが生じます。
その結果、肩が上がらない肩をあげると痛むなどの症状が起きます。

当院では、まず患者さんの写真を後ろ、横から撮らせていただきます。
そこで上腕骨、肩甲骨、鎖骨のバランスを確認させていただいた後で施術に入ります。

肩甲骨の左右差肩の高さの違い頭頚部の位置肩が内に入っているなど、バランスを確認ながら筋肉や靭帯に対してアプローチします。

また、筋肉を緩めることに加えて関節を締める施術も行います。
バランスや原因はそれぞれ違うため、一人ひとりに合わせた施術を行っていきます。

四十肩・五十肩の痛みにお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

著者 Writer

著者画像
院長:沖本直哉(オキモトナオヤ)
【所有資格】 柔道整復師 中高保健体育教員免許
【生年月日】7月22日
【血液型】 AB型
【出身】 山口県
【趣味】 ゴルフ、音楽鑑賞
【得意な施術】 首の寝違え

▼ご来院される患者様へ一言
身体の事で困ったことがあれば何でもご相談ください!
 
   

当院のご紹介 About us

院名:GBS千駄木はりきゅう・整骨院
住所〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-5ラヴィエベル1階 101号
最寄:東京メトロ千代田線 千駄木駅1番出口 徒歩1分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:20
9:00〜
15:00
- 9:00〜
15:00
15:00〜
19:30
- - -
定休日:日曜日

【公式】GBS千駄木はりきゅう・整骨院公式SNSアカウント GBS千駄木はりきゅう・整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS千駄木はりきゅう・整骨院公式SNSアカウント GBS千駄木はりきゅう・整骨院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS千駄木はりきゅう・整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中