交通事故traffic_accident

交通事故

増えている交通事故

近年、交通事故にあわれ、当院を訪ねてこられる患者様が増えています。
事故には遭わない方が当然いいのですが、万が一事故を起こしてしまった場合でも、事故に巻き込まれてしまった場合でも、出来るだけ落ち着いて状態を把握して対処しなくてはなりません。
初めて事故に遭われた方も、どうしていいか解らず困っている方が多いため、ここでは事故に遭った後の処理対応を簡単に記載しています。

事故に遭ってしまったら… 事故を起こしてしまったら・・・

1 警察に電話し、ケガの状態がひどいようであれば救急車を呼ぶ

出来るだけ落ち着いて状態の把握をして対処し、まず警察・救急に連絡します。
警察を呼ばずに示談交渉などは避けましょう。(交通事故証明書を発行してもらう為にも連絡が必要です。)

2 相手の連絡先や住所、車のナンバーも確認する

このとき同時に念のため相手の保険会社(任意保険会社)の確認もした方が良いと思われます。

3 治療を受ける場所を決める

まず病院でしっかりと検査してもらった方が良いでしょう。(脳挫傷などがある場合大変危険ですので)事故の直後は身体が興奮しパニックになっていますので痛みなどはあまり感じないことが多いようです。
むち打ち損傷などは2・3日後や1週間後などに痛みが出てくることが良くあることですので患者様の治療の受けやすい場所を探しましょう。
ご自身の一番、通いやすい環境の医院や整骨院をお探しする事をおすすめします。
    (※治療する場所を決めるのは患者様に権限があります。)

4 治療開始

むち打ちの症状をはじめ、事故で受けた損傷はレントゲンなどに写らない場合でも身体には何トンもの衝撃が一瞬でかかっています。
また、レントゲンに写らない場合は、他覚所見ではなく、自覚症状となり周囲に自分のつらさを理解してもらえない事があります。
むち打ちは頭痛の痛みを除くと、痛いと言うより、つらいと表現する方が多く、病院などでも、どうして伝えていいかも分からずに精神的にまいってしまう方も多く見受けられます。
レントゲンで確認できなくても、身体の部位をしっかり検査すると、見えてくる損傷があります。


むち打ち損傷の種類・分類

「むちうち症」はひとまとめに呼ばれる場合が多いのですが、実は何種類か細かく分類されています。
ここでは、主に当院で治療にあたっているものを掲載しています。


脊髄捻挫

“むちうち症”の70~80%の方は、脊髄捻挫であると言われています。
体全体に強い衝撃を受ける事で、首・肩等の筋肉・靭帯や、それらを覆う膜を損傷し、捻挫となる症状。


頸椎捻挫

自動車同士による追突事故や、スポーツ等、まったく予測していない状況からの強い衝撃によって起こる事が多い症状です。頸椎(首の骨)に強いダメージを受ける事で、筋肉や軟骨等やそれらを包む膜が損傷し痛みを誘発します。
頸椎とは最も重要な部位にあたり、損傷がひどいと血管や神経にも重いダメージを受けることになり、難治性のしびれの原因になることがよくあります。


根症状型

頸椎が変形してしまったり、神経の通り道が狭くなり圧迫される事によって痛みが発生します。
神経が圧迫されると、特に頸椎は様々な神経の中枢ですので様々な症状が予測され、末端神経である手や指先等にもシビレ症状などの支障をきたす場合があります。


バレ・リュー症状型

今までご紹介してきた症状と違い、頭痛やめまい、吐き気、耳鳴り、難聴、目のかすみ、眼精疲労、顔面やのどのあたりの違和感、腕のしびれと いった知覚異常や声のかすれ、嚥下困難、胸部の圧迫感などの症状があります。
衝撃を受けることで、交感神経にダメージを負い、椎骨動脈の血液低下を起こし、頭痛やめまい、吐き気等を起こします。
※椎骨動脈とは、首の左右にあり脳に栄養を与える役割を担っています。


脊髄症状型

頸椎の脊柱管を通る脊髄が損傷する事で、知覚異常を起こします。
※知覚異常とは、下肢のしびれ非常に稀ではありますが、膀胱直腸障害を起こすときもあります。
※膀胱直腸障害とは、膀胱や直腸の機能が低下し、排尿便などに支障をきたします。


脳脊髄液減少症(低髄液減圧症)

むち打ちなどの外傷により脊髄を包んでいる膜から、脊髄液が漏れて、脳が下がってしまい、起立時などに強い頭痛を生じます。
頭痛・悪心・嘔吐・復視・聴力障害・頚部痛・視野欠損めまいなど
※むち打ちの症状と勘違いされやすいので注意が必要です。


  • 当院はしっかりとした検査や問診によって治療を進めていきます。

    当院はしっかりとした検査や問診によって治療を進めていきます。

    身体の部位をしっかり検査すると見えてくる損傷があります。
    患者様ご自身の身体で起こっていることが分かってくると安心できますし、治す目標も生まれてきます。
    交通事故に遭ってしまいお困りの方は、ぜひご相談ください。

アクセス

〒113-0022
東京都文京区千駄木2-33-5ラヴィエベル1階 101号室
TEL:03-5834-8988 

診療時間

平日
9:00〜12:00/15:00〜20:00
土日
9:00〜15:00

休診日
日曜・祝日

SNS関係