偏頭痛head

偏頭痛

主に女性に多くみられる症状で、男性では20~30歳代、女性では30~40歳代の有病率が高く呼び名は、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など呼び名はさまざまです。
また原因も血管説・神経説・ホルモン説・ストレス説・三叉神経説などなど様々な説があります。現代では、パソコンや携帯電話など過剰に光を浴びる機会が多くなりました。
生活環境についても常に忙しく緊張状態が続き偏頭痛を起こす人が増えていると考えています。

このような症状にお困りの方いませんか・・?

側頭部にドクン・ドクンと拍動した痛みがある。
視界がチカチカした線があらわれることがある。
疲労をしてくると、首のあたりから始まり、頭が締め付けられるようになる。
指を耳の中に入れて耳の穴の大きさが違う。
パソコンや携帯電話を長時間使っている。
鏡で自分の顔を見たときに歯列の真ん中があっていない。
写真を撮るといつも、顔が傾いて映っている。
いつも鼻がつまっていて、口で呼吸をしている。
首をグキッと自分で鳴らすことが多い。

まず当院では顎の関節や、口の中のアンバランス、頭部や顔面部・頸椎などを検査していきます。
そして主に、当院では三叉神経節による痛みにアプローチしてゆきます。
症状で長くお困りの方や、原因がわからなかった方など、しっかりとした問診・検査・画像などを使い丁寧な説明の上、診療にあたりますので、お困りの方は是非ご相談ください。

  • 頭痛は重篤な場合もありますので、この様な方はかかりつけのお医者様に至急ご相談ください。

    ・突然バットで殴られたような激しい痛み (くも膜下出血の可能性)
    ・血圧の高い方が、頭痛・麻痺・言葉の障害、めまい・吐き気など (脳卒中の可能性)
    ・発熱に伴う頭痛・おう吐・必要以上にまぶしく感じる・けいれんや意識の混濁(慢性硬膜下血出)
    ・けいれんとともに頭痛が起こった時(髄膜炎)

アクセス

〒113-0022
東京都文京区千駄木2-33-5ラヴィエベル1階 101号室
TEL:03-5834-8988 

診療時間

平日
9:00〜12:00/15:00〜20:00
土日
9:00〜15:00

休診日
日曜・祝日

SNS関係