GBS千駄木整骨院|骨盤矯正・腰痛・頭痛・めまいなど(平日20時まで・土曜診療)

GBS千駄木はりきゅう整骨院

お気軽にお問合せください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
03-5834-8988

[月〜金] 9:00〜12:30 / 15:00〜20:00
[休診日] 日・祝日 ※土は9:00〜15:00

ご予約はこちら 24時間受付
  • 気になる症状から探す

  • 痛みの部位から探す

  • その他の症状

  • エキテン

  • GBS千駄木はりきゅう整骨院 SNS

  • GBS千駄木はりきゅう整骨院フェイスブック
  • GBS千駄木はりきゅう整骨院アメーバブログ
  • GBS千駄木はりきゅう整骨院ツイッター
  • GBS千駄木はりきゅう整骨院インスタグラム
  •  GBSメディカルグループ コーポレートサイト

    GBSメディカルグループ

  • GBSメディカルグループ

    GBS日暮里神田整骨院
    GBS千駄木はりきゅう整骨院
    GBS一心駒込整骨院

  • 総院長 神田大輔 インタビュー動画

  • アクセス

    【所在地】
    〒113-0022
    東京都文京区千駄木2-33-5ラヴィエベル1階 101号室

    【電車で】
    東京メトロ千代田線 千駄木駅1番出口 徒歩1分 GBS千駄木はりきゅう・整骨院

    診療について

    診療時間 
     9:00~12:30
    15:00~20:00
      土
    9:00~15:00
    休診日
    日祝

    谷中・根津・千駄木エリアで有痛性外脛骨・セーバー病でお悩みの方は文京区(千駄木・谷中・根津)エリアのGBS千駄木はりきゅう・整骨院にご相談下さい。

    2018年3月9日
    谷中・根津・千駄木エリアで有痛性外脛骨・セーバー病でお悩みの方は文京区(千駄木・谷中・根津)エリアのGBS千駄木はりきゅう・整骨院にご相談下さい。

    皆さん、こんちには!
    GBS千駄木はりきゅう・整骨院の波江野が更新していきます。

    昨夜はGBSメディカル全体の症例報告会を行いました!
    症例報告のキーワードは『有痛性外脛骨』『セーバー病』です!

    皆さん、この2つの疾患をご存知ですか?どちらもあまり聞いた事がない疾患だと思います。
    今回は『有痛性外脛骨』『セーバー病』の2つの疾患と、『有痛性外脛骨』『セーバー病』の当院での治療法を紹介していきます!

     

    1、有痛性外脛骨とは?

     

    有痛性外脛骨とは足の舟状骨内側に存在する過剰骨が疼痛の原因となる疾患です。
    有痛性外脛骨は10~15歳の女性に多く、体重の増加や運動量の増加などが関係すると言われています。
    成人期に発症する有痛性外脛骨の多くは外傷を契機とします。
    また、同部位には内側縦アーチの保持に緩和する後脛骨筋が付着しており、扁平足(足の内側縦アーチ(土踏まず)が崩れてしまった状態)のある患者さんに発生する傾向があります。
    症状としては、足部内側に骨性の隆起を認め、局所に圧痛・発赤・熱感が見られる。靴を履いた際に同部が圧迫されて痛みを訴えます。
    一般的な治療法としては、保存療法が多く、運動の制限・物理療法・足底板挿入などが行われ。

     

    2、セーバー病とは?

    セーバー病は踵骨に発生する骨端症で10歳前後の男子に多い疾患です。症状には、かかとの軽い腫れ、圧痛、歩行時痛があります。過激な運動のあとに症状が出ることが多く、かかとの痛みのため、つま先歩きになることもあります。
    発育期の子どもの弱い踵骨骨端部(かかとの骨の端でアキレス腱が付着しているところ)に運動などで負荷がかかり、そこにアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨に血流障害が起こり、踵骨骨端核(かかとの骨の骨端軟骨より先の部分)の壊死や骨軟骨炎が起こります。
    一般的な治療法としては、局所を安静にし、過激な運動は中止して経過をみます。痛みが強く続く場合には、歩行時に踵に体重をかけないように松葉杖を使用します。または、足底板を使用します。
    経過は1~数年と長いことが多いですが、予後は一般に良好です。

     

     

    3、GBS千駄木はりきゅう整骨院での『有痛性外脛骨』や『セーバー病』の治療

    2つの疾患はともに子供に多く発症する疾患で、今回の症例報告の2症例共に患者さんは小学生でした。

    GBS千駄木はりきゅう・整骨院では『有痛性外脛骨』『セーバー病』のどちらの疾患とも、治療の基本的な方針は一緒で、
    足の形を本来の正しい位置に戻してあげる事!です。
    方法としては、GBSメディカル独自のGMT筋膜矯正による治療・特殊なテーピング治療・正しい姿勢や歩行の指導です。
    足が正しい位置に戻ることにより、筋肉や筋膜、靭帯、骨などへの負担が減り、痛みの軽減・消失に繋がります。

    GBS千駄木はりきゅう整骨院では『有痛性外脛骨』や『セーバー病』をはじめ、お子供や学生さんの治療も行っています。


    谷中・根津・千駄木エリアで有痛性外脛骨・セーバー病でお悩みの方は文京区(千駄木・谷中・根津)エリアのGBS千駄木はりきゅう・整骨院にご相談下さい。
    東京メトロ千代田線「千駄木駅」1番出口より徒歩0分
    都営バス団子坂下下車徒歩0分
    駅近だから通院しやすい!

    ■駅近(徒歩1分以内)

    ■平日夜8時まで受付

    ■広い院内

    ■子連れOK

    ■予約優先制

    本気で悩んでいるその痛み、どこへ行っても変わらないその痛み、
    ぜひGBS千駄木はりきゅう・整骨院へご相談ください。

    住所 東京都文京区千駄木2‐33‐5‐1F
    TEL 03-5834-8988

    GBS千駄木はりきゅう・整骨院に お気軽にご相談ください。

    お問い合わせはこちら 24時間受付
    ご予約
    03-5834-8988

    〒113-0022 東京都文京区千駄木2-33-5ラヴィエベル1階 101号室

    東京メトロ千代田線 千駄木駅1番出口 徒歩1分 GBS千駄木はりきゅう・整骨院


    診療時間
     9:00~12:30
    15:00~20:00

    土曜は9:00〜15:00までの診療になります。

       [休診日]   日・祝日

    PAGE TOP